隠れシミを消す方法にはどんな方法があるの?

以前テレビで、松本伊代さんが隠れシミ対策を行ったテレビ放送がありました。その時の隠れシミ対策について書かせていただきます。

まず行ったのは、スーパー美白点滴です。ビタミンCレモン100個以上ビタミンBとビタミンEが配合された点滴です。老化とともに肌の新陳代謝が落ちてしまって、メラニンを排出できなくなってしまうことがシミの原因なのでこの対策を美白点滴で行っていました。

続いてインテンスパルスライト(フォトフェイシャル)でした。次に行われたのは、水光注射、韓国でも人気の治療方法です。皮膚の1mm下にビタミンCとヒアルロン酸を注入する方法です。

100発以上の注射を行いました。その結果1ヶ月の治療で隠れシミが、550個~447個に減りました。かなり減少しましたね。

これは、東京美容外科の最新の美容技術を駆使した治療です。

これだけの治療を行うにはかなり金額もアップしますね。自宅で隠れシミの対策方法ってないのかしら?シミはメラニンが色素沈着してしまったものです。隠れシミというのはこのメラニンがお肌に蓄積されてしまって溜まった状態の事を言います。

シミの対策は、メラニンが出来るメラノサイトに働きかけるチロシナーゼ酵素を抑える働きのもの、出来てしまって蓄積されているメラニンを還元するもの、ターンオーバーの働きで古い角質を剥離してメラニンを除去する方法の3つがあります。

厚生省が認可している美白成分は、トラネキサム酸・ビタミンC誘導体・リノール酸・アルブチン・コウジ酸・プラセンタエキス・エラグ酸・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)・ニコチン酸アミド・ルシノ―ル(4-n-ブチルレゾルシノール)・マグノリグナン・t-シクロアミノ酸誘導体・カモミラET・ハイドロキノンなどがあります。

数ある美白成分の中でメラニンの生成を抑えメラニンを排出する働きがある成分は、ビタミンCとハイドロキノンです。ハイドロキノンはチロシナーゼ酵素を抑制する働きが他の美白成分に比べると100倍作用が強いと言われている美白成分です。それだけに高濃度になるとお肌に刺激が強かったり、水溶性の成分のため浸透しにくいという欠点があります。

ですからハイドロキノンが入った化粧品を選ぶ時にはお肌に浸透するかどうかがとても重要です。アメリカの化粧品会社ビーグレンのQuSomeホワイトクリームは、アメリカの化粧品会社ビーグレンのQuSomeホワイトトライアルセットは、薬学博士のブライアン・ケラー氏が開発したQuSome®というテクノロジーを用いた化粧品です。
ビーグレンの化粧品の特徴は、超微小カプセルQuSome®に美容成分が入っていることです。このQuSomeカプセルに包まれた美容成分が確実にお肌の奥まで届きます。

QuSome®というのは、ビーグレン独自で開発された脂質です。ナノカプセル化された次世代のドラッグデリバリーシステムです。ドラッグデリバリーシステム(Drug Delivery system,DDS)は、薬物伝達システムの事で、体内の薬物を量的・空間的・時間的にコントロールするシステムということなのだそうですよ。

ビーグレンの化粧品の4つのメリット
1.必要な成分が必要なところへ届きます。
2.多種類の美容成分が安定的に効果が発揮されます。
3.刺激が少ないのでお肌への負担が少ないです。
4.効果が長時間持続します。

ビーグレンの化粧品は、お肌の必要な場所へ必要なものを届けてくれます。

 


↑↑↑頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen ↑↑↑

© 2016 隠れシミを消す方法 rss